アートメイクを知る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アートメイクって何かご存知ですか?ここ数年、若者を中心に広まりをみせるアートメイクについて詳しく説明します。アートメイクを施すことにより、毎日のお化粧にかける時間が短縮されます。化粧のように洗顔するだけで落ちてしまうものではなくて、しばらくの間はまるで化粧をしたように見えることがアートメイクの特徴と言えるでしょう。たとえば、眉毛やアイメイク、リップラインなどにアートメイクを施せば、素顔でも人前に出られるほどまるでお化粧をしているように見えることで人気がでたのでしょう。

それでは実際にアートメイクをとり入れてみようと考えた場合にどのような点に注意をしなければいけないのでしょうか?アートメイクは医療行為であることを覚えておきましょう。街中でアートメイクいかがですか?簡単にできますよ!などという声には絶対に耳を傾けてはいけません。

アートメイクは、針の先に色素をつけて、それを入れ墨を入れるように、皮膚の表面に針で色素を入れていうのです。これは医師法第17条にあたる行為になります。ということは医師の免許が必要ですよね。誰もが施すことができない治療がアートメイクです。もしも、アートメイクしたい場合には、診療所選びをしっかりと行うことが大切です。

エステサロンで医師の免許を持っている先生が在籍していて、その先生が施術するのであれば問題はありません。それでも実際に誰が担当してくれるのか、最後まで確認しましょう。そこに一人でも在籍していれば施術は誰がしても大丈夫ではありませんので気を付けましょう。